section 2

企業間取引:WEB受注・販売管理クラウド

━ ソリューションの特徴・解決・実現できること ━


WEB受注を増やして、売上アップ

WEBオーダーシステムを持った貴社ウェブサイトを構築します。
顧客はネット通販のような簡便さで、いつでも発注できるので、受注機会ロスを削減し、確実に受注を増やします。

受注→管理を自動化して、時短・効率化

データの再入力をなくし、作業時間を削減します。 同時に人的ミスも防げるので、効率よく、部門間の情報の流れがスムーズになります。

顧客が求める情報を提供し、中長期的な売上増を

販売管理ソフトとWEBオーダーシステムを連携します。
購入履歴に基づいたページ構成、見積もり、在庫状況をインターネット経由で提供するため、営業ツールとして顧客をフォローします。

受注データは社内の販売管理システムとダイレクト連携を行うため、手入力やファイルアップロードなど業務の手間を削減し、効率よく、新規顧客の獲得、受注増を実現します。

低コストでカスタマイズ、業務体制の見直しにも最適

必要なことは残し、システム化の利点を最大限に生かす着地点からスタートします。
対象分野に応じて、セミカスタマイズで要件に対応し、API経由で導入済み他システムとの連携も可能。開発コストを抑えることができます。

システム構成

━ ソリューションの考え方 ━

企業の部門レベルで情報管理要件はしばしば社内の基幹系システムの開発要件には十分には取り入れられず、部門や担当者独自にExcel、Access、FileMakerなどスタンドアロンの小規模ソフトウェアを用いた解決を強いられる結果、業務の拡大・変化に対応しにくく複数担当者による作業、他部門や取引先との連携に問題を抱えています。また、情報管理の専門家が関与していない小規模事業者のデータ管理でも同様な問題があります。

問題の解決には、お客様がこれまで蓄積されたデータの分析と今後の要件を整理し、使いやすく拡張可能なデータモデルを設計することから着手し、これまで培ったノウハウを駆使してシステム構築にあたります。

商品、仕入先、顧客、販売に関する既存の紙の台帳類やExcel帳票など電子化されたデータから独自の方法論で最適なデータベースとWebアプリケーションを構築します。

━ 構成 ━

WEBオーダーシステム

企業間で行われるFAXや電話・メールでの受注をWeb化したものです。注文・見積もり業務の負荷削減だけではなく、顧客の購入履歴に合わせた商品をタイミングよく、PRできるので、売上アップ・営業販促ツールとしても活用できます。

業種や業態によって異なる商習慣や業務フローにはセミカスタマイズにて対応。クラウド型サービスにより手軽に低コストで導入ができるだけでなく、業務内容をしっかりヒアリング・分析した上で、課題やご要望に合わせた最適なシステムを提案します。

販売管理システム

販売・仕入・在庫管理等の販売管理業務に伴う機能を連携したアプリケーションです。 社内の基幹系システムでの対応が難しい部門単位、市販パッケージでは対応できない顧客を主なターゲットとしており、日常業務はもちろん、 外部ソフトとのデータ連携を速やかに実行します。

カスタマイズにより、インターネット受発注やEDI業務との連動も可能。国内外を問わず、工場、倉庫、販社ごとに異なるフォーマットの管理表を一元化し、定期的な会議資料もサポートします。

機能一覧




━ 顧客:発注側の機能 (WEBオーダーシステム)━



  • 商品呈示、検索、選択機能

    ・おすすめ商品一覧、商品カタログからの商品選択
    ・過去の注文、見積もり履歴、商品属性、説明文に対する検索機能。
    ・商品の在庫および納期の表示機能。
    ・商品の在庫なしの場合の予約注文機能。

    見積作成機能

    ・購入検討のための見積の作成、保存が可能。
    ・保存済み見積からの注文に対応。

    注文管理機能

    ・一定条件を満たす場合に、注文の変更、キャンセルが可能。
    ・過去の注文履歴を参照し、リピート注文が可能。

  • 登録情報管理

    ・登録属性(顧客情報)の変更が可能。
    ・納品場所の登録、変更が可能。

    注文進捗確認機能

    ・注文の処理進捗の確認が可能。
    ・進捗に応じてメール通知が可能。

    注文検索機能

    ・過去の注文履歴の検索、表示が可能。

    代理受注入力機能

    ・インターネット経由の注文が困難な顧客に代って、受注側の営業スタッフやコールセンターの担当者が電話/FAX等で受注作業を代行可能。




━ 管理画面:受注側の機能 (受注・販売管理システム)━



  • 取引先(顧客)管理

    ・利用顧客の登録を行います。
    ・1件ごとの登録または所定の形式でExcel等表計算ソフトで作成したデータを画面に貼り付けての一括登録が可能。
    ・構成に応じて、API連携オプションにて、基幹システムから取引先(顧客)の属性を取り込み、オンライン受注システムを利用するために必要なユーザ名、初期パスワード等を付加して構成することも可能。

    商品管理

    ・販売する商品の登録を行います。
    ・1件ごとの登録および所定の形式でExcel等表計算ソフトで作成したデータを画面に貼り付けての一括登録が可能。
    ・構成に応じて、API連携オプションにて、API連携で基幹システムから商品属性を取り込み、商品画像、説明文等公開情報に必要な要素を追加して構成することも可能。

    価格台帳管理

    ・企業間取引の多くは、誰に対しても一律のフェアプライスではなく、取引の実績や購買条件に応じて異なる価格で商品が提供されるため、商品管理に加えて、『価格台帳』管理が必要です。
    ・個別設定を適用しない場合の基本価格の定義を行います。
    ・価格台帳には、利用顧客ごとに商品の提供価格(仕切り価格)を設定します。
    ・提供価格設定は、商品と顧客の組み合わせで定義されます。
    価格設定にあたっては、
    1. 商品の種類、用途、販売期間、注文数量等購買条件といった顧客を問わず適用される要素
    2. 商品と顧客の組み合わせに応じて適用される要素
    3. 全顧客一律の割引率 > 顧客のグレード/ランク(分類)> 利用顧客個別と、さまざまな粒度で定義される要素
    を考慮して扱い対象商品と顧客のすべての組み合わせで価格定義を行えます。

    ・取引のごとに締め日を個別に設定することも可能。
    ・送料、設置費用等、商品価格以外のディスカウントオプションも設定可能。
    ・価格台帳の操作は、担当者が商談中にモバイル端末等からも変更可能。
    ・変更履歴を管理。受注時点の価格で決済。

    価格台帳構築サービス(オプション)

    本システムの導入以前に、価格台帳が基幹システムで管理されていない場合、既存の紙台帳、Excel等PCのデータファイルから価格台帳の構築を請負ます

    基幹システム連携(オプション)

    受注システムと既存の基幹システムで共通の顧客コード、商品コードが利用できる、もしくは変換にて照合できる場合、価格台帳を本システムには持たず、API連携オプションにて、基幹システムリアルタイムに照会することも可能。

  • 受注・販売管理

    受注検索
    顧客、商品、関連文字列で受注を検索、照会可能。

    受注の通知
    受注システムで注文が発生したら、関係者にメールで通知するよう設定可能。
    ・API連携オプションにて、基幹システムに注文とその明細を自動的に取り込むよう構成可能。

    対応状況の更新
    受注後の対応状況の変化に応じて受注データを更新。
    ・API連携オプションにて、基幹システムでの対応状況の更新をリアルタイムに反映も可能。

    追跡
    必要に応じて、生産製造進捗状況、配送等の情報入力が可能な場合、照会が可能。

    分析
    商品(商品分類)、顧客(顧客属性)から受注・販売状況、傾向を分析可能。


    入金管理
    取引先顧客ごとの支払い条件に応じて、入金状況を管理。
    ・受注ごとに記録された支払方法、支払先に対して入金確認後、管理画面から状況を更新。
    ・既存の出納台帳や基幹会計システムで入金管理を行う場合は、所定の形式で受注に対する入金状況を一括更新可能。
    ・顧客・商品・販売期間等を指定して入金状況の検索、レポートが可能。 ※ 既存の基幹会計システムで管理対応の場合は本システムの管理外。

    • 納品書作成
      注文単位で納品書帳票の作成が可能。
      ※ 既存の帳票出力システムをご利用の場合、必要なデータをダウンロードいただき、読み込んで出力対応。
      ※ 既存の基幹会計システムで管理対応の場合は本システムの管理外。

    • 請求書作成
      注文単位で請求書帳票の作成が可能。
      ※ 既存の帳票出力システムをご利用の場合、必要なデータをダウンロードいただき、読み込んで出力対応。
      ・API連携オプションにて、基幹システムに取り込み済みの場合、既存システムからの出力を想定。
      ※ 既存の基幹会計システムで管理対応の場合は本システムの管理外。


    在庫管理

    在庫・入庫管理
    販売可能な商品の在庫状況を管理
    ・受注引き当て、サンプル品出荷時に、在庫数を更新。
    ・入庫時に在庫を加算。
    ・商品ごとに設定した在庫数下限に達した時点で関係者に通知も可能。
    ・在庫を持たず、都度仕入先に発注・配送依頼する商品については、仕入管理にて対応。


    仕入管理
    販売可能な商品の在庫状況を管理
    ・販売対象商品の補充時に、仕入指示書作成入社内または外部の仕入先に発注依頼可能。
    ・仕入先別発注履歴を管理。
    ・仕入先に対して発生する債務管理については、必要に応じて実装。
    ※ 既存の基幹会計システムで管理対応の場合は本システムの管理外。


    納入・配送管理
    納品伝票、送り状作成
    ※特定の配送業者指定の帳票用紙への印字に対応。
    ※既存の帳票出力システムをご利用の場合、必要なデータをダウンロードいただき、読み込んで出力対応。

    追跡・受領確認
    必要に応じて、受注商品の生産製造進捗状況、配送等の情報入力が可能な場合、照会が可能。
    配送業者から報告される顧客への配送記録を所定の形式で一括更新可能。







━ オプション:基幹システム連携 ━



  • 基幹システム連携(オプション)のデータ同期について

    受注システムと既存の基幹システムでのデータの同期のために、3つの方式を想定。

    ・基幹システム(主)→受注システム(従)
    既存の基幹システムでの新規データを受注システム(WEBオーダーシステム)のデータとして新規に追加
    ※既存の顧客管理番号(コード)に加えて、受注システムでのユーザログイン名など補助情報追加が必要になる場合があります。

  • ・受注システム(主)→基幹システム(従)
    受注システム(WEBオーダーシステム)で新規に追加されたデータを基幹システムのデータとして追加
    ※受注システムでのユーザログイン名と既存の顧客管理番号(コード)の紐づけが必要になる場合があります。

    ・双方向差分更新
    受注システムと基幹システムで差異が生じないよう、双方向で差分更新を行います。




section 2

価格

項目 ライト 基本 ハイエンド 備考
ウェブ受注・販売管理システム - ¥500,000 - -
API連携 - ¥300,000 - ※オプション
月額メンテナンス - ¥ 30,000 - -

- - - -

section 2

オンライン申請システム

求職者、講習会/訓練/面談会の参加者、助成や認定申請など各種応募者対応で収集が必要な基本情報および資格証明、関連提出書類をWebフォームから受付し、統合的に管理するシステムです。応募者はこれまでの郵送による送付から、PC, スマートフォンから迅速に応募可能、運営者は随時情報の記入・提出状況を確認でき、必要帳票の出力が行えます。対象分野に応じてセミカスタマイズで要件に対応。オプションにてAPI経由でSalesforce.comなど他システムとの連携も可能。

section 2

section 2

section 2